イソフラボンが変化すると|偏頭痛に悩んでいるなら生活習慣を見直そう
ファミリー

偏頭痛に悩んでいるなら生活習慣を見直そう

イソフラボンが変化すると

サプリ

二人に一人

大豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと同じような作用があるので、摂取する事で女性の更年期障害の緩和や骨粗鬆症の予防、男性なら前立腺がんになるリスクを減らす効果などが確認されています。イソフラボンは摂取する事で、優れた効果が期待出来る成分なのですが、実はこのイソフラボンは腸内でそのまま吸収される人とエクオールという成分に変化して吸収される人に分かれます。この違いによってイソフラボンの健康効果に差が出て、エクオールとして吸収される方がその効果が高いと言われています。体内でエクオールに変化するかどうかは、その人の持っている腸内細菌により変わると言われています。日本人では約50%、欧米人では20〜30%と言われています。

もっと食物繊維を

二人に一人は大豆イソフラボンからエクオールを作り出す事が出来ると言われていますが、実は年齢が若くなる程エクオールを作れない人が増えてきています。これは昔に比べ食の欧米化が進み、若い人を中心にお肉や脂っこいものを食べる傾向が強く、野菜やキノコ類など食物繊維が含まれている食べ物を取らなくなったのが原因です。エクオールを作るには腸内細菌が深く関わっているのですが、その腸内細菌の餌となる食物繊維が不足していては本来の力を発揮する事が出来ずどうにもなりません。日頃から野菜や果物、キノコ類、海藻、大豆など食物繊維が多く含まれている食品を意識して取るようにする事が大切です。それを続けていけば自然と作り出せる腸内環境になっていきますよ。